サブルーチン

1. はじめに

同じ処理を繰り替えしたい場合に、何度も同一の処理を記述しないようにする事ができます。
サブルーチン(関数)と呼ばれるものです。
アセンブリでの関数は、ラベルを定義してその次の行から始まる処理から、retまでを関数とする事ができます。